いきづらきもの つじやしきへ

辻隆弘<br/>文章なんてチンタラ読んでくれねえんだから、はやくマンガ描けるようになってくれよな。それもセンゴク一統記みたいな、本格派のかっこいいやつな!

よそもの

20170717

中学生になったとき、ふとこう思った
自分はこれまで好きに発言してきたが、それはどう思われていたのだろう
話し相手が自分で、相手は満足しているのだろうか
そんな風に考え始め、考えていると、
接し方がどんどんとわからなくなっていった
悩む間は人を避け、ついには
人とどう接していいのかがわからなくなった

小学生までは、親友という友達も何人かはできた
その人たちからいつか見放されるんじゃないか
自分はどこかで切り捨てられるんじゃないか
そういう恐怖は、いつもどこかにはあったことを覚えている

自分だけは誘ってもらえない
自分だけには、お土産がない
そういうときに、ああ、やっぱりな、と思った
普段仲良くしているように見えても
やっぱり自分はどこか一歩足りないようだ
お土産という仕組みが好きじゃないのは
そこに人の区別が生まれるからだ
その区別の中で、自分はいつも突き放される

それだけに彼女ができたとき、許しを与えられたようで
嬉しかった
自分にはちゃんと価値があり
それを証明してくれる人がきちんといたのだ
しかしそれももう別れてしまった
あれだけ好き合った人なのに
今はもう連絡すら取れない
やはり自分は落伍者なのか
よそものであることの再確認をするような形になってしまった
またひとつ、自分が人と交われないという証拠を積み上げた
まるでトラウマがひとつ、増えてしまったような気すらする

石田三成
ボブマーリー

考えていることが人と違う
人を信頼できないところがある

大学時代からの友達に対しても、どこか、へん、こんなやつ、と思っているところがある。
恩知らずと言ってもいい。みんなどこか、人を侮りながら生きているんじゃないかとすら思っている。こいつはまだ仮の友達で、どこかに本当の友達がいるんじゃないか、なんてひどい考え方をしているんだ。二人とも、人付き合いが苦手だった。そんな二人だからこそ、最適とはいえないけれど、離れることもなく付き合ってきたんじゃないか。

この人は自分をどう評価しているのだろう。もしからしたら、愛想を尽かしているんじゃないか。もしかしたら表に出さないだけで、自分をうっとうしいと感じているんじゃないだろうか。いつだってそんな思いに囚われて、威圧するように相手に接してしまうところがある。声が大きくなり、早口になり、相手の些細な反応、退屈を示すととれる反応を見てしまうと、ひどく落ち込み、沈んでしまうのだ。

歴史の話をしてしまった。相手はそんな話に興味はないのに。反省しないといけないぞ。ふと伏し目になった、退屈そうにしているような顔を見た。ああ、やってしまった、自分勝手に話しているんだなと感じた。

ボブマーリーは白人と黒人で、白人からも黒人からも受け入れられなかったという経験があるらしい。白人からは黒人で、黒人からは白人に見えたからだ。彼はなかなか人を信頼しない人になった。ここまでは似ているが、彼は人から愛される人になっている。自分と何が違うのか。それはもちろん、彼には作品があることだ。表現の場を持っているということだ。

頭で考えるからだめなんだ
考えてわかることと、わからないことが存在する
こんな悩みは、あれこれ考える前に人に交わり
経験をつめば吹き飛ぶ悩みなのだろう、そうも考えたりする
しかし実際、人と交わることはひどく高度で、とても今の自分にはこなせそうにない
人と交わるにも最初の一歩が必要で、
自分にはどうも、その一歩がうまくいかない
それなりに何度か人に話しかけてきた
誘い出しはうまくいく。みんな優しく、自分程度が声をかけても
出てきてはくれるみたいだ。ただ、2度目3度目となると、
相手に申し訳ない気がしてくるし、話すこともすぐになくなるし、
ああ、気後れしてしまう。関係は続いてこそ価値があるが、
自分の場合、1度会うので精一杯、2度目3度目は苦痛だろうな、
と思える程度にしか、人と付き合うことができないのだ
根のところが自分勝手なのだろう。相手が喜ぶような会話が
下手で、相手が喜ぶような会話をすること自体にどこか
白けたものを感じてしまうのだ。相手の機嫌をとってどうする。
自分が楽しんで、それを相手が楽しむ状態でこそ、幸福というんじゃないか
そんな風にすら考えているみたいなのだ。救いようのない馬鹿なのかもしれない
夢の熱が頭をほだす。理想を追いかけてこそ人生だろう、なんて英雄気分も交る
そして今日までずっと、あまり人と上手に交われないまま、そしてそれを悩みながら
悶々とした日々を過ごすことになっている

理屈っぽいと言われるようになった
自分は人付き合いが苦手で、相手をあまり信頼できない
自分に不満があるんじゃないかと考えると、いつも不安になった
相手を満足させられれば、不安を感じなくていい
相手に役立つことを言えれば、相手は満足するはずだ
きちんと役に立つことを言わなければ
かくして、反省がくせになり、やがて理屈っぽい話をする人になった
きっちり筋の通った話が好きな性分もあるし、
その当時ブログをよく読んだ影響だろうか、文章書きの人の
売り物は、個性と論理性だった。
素人の自分が人に個性、論理性をぶつけると、ほとんど煙たがられるだけなのだ
それがわかったのは、つい最近のこと
それでもまだ、個性と論理性を人に見せ、それが絶賛されるような形で
人付き合いがしたいと、願ってやまない自分も感じる
やっぱりそうとう馬鹿なのか。現実を受け入れるということを知らない
いつまでも実現しない、甘い夢の中に居つきたがる
たいていの人付き合いの上手な人は、上手くいかない方法はするりと脱ぎ捨て
うまくいく方法に移行するんだろう。
自分はそのことをどこか、軽薄で薄汚い、薄っぺらだと思い
お前たちにこだわりはないのか、だからお前たちの会話は
どこかのコピーみたいで、味気がないんだ、なんて思っている
そんな会話をさせられるくらいなら、自分の方から関係を断ちたい
願い下げだ、そう思っているくせに
可愛い女の子と楽しそうに話すのを見ると、無性に羨ましくてたまらなくなる
決別の決心も揺らぎ、いっそ後悔すらしてしまうのだ
偉そうにしてたって、強がっていたって、自分はいたって人間なのだ
愛されたいし愛したいというのが根本にある。そんな機能なんてなければ、
もっと楽に生きられるのに

人付き合いが下手で、苦手だ
それを認めたのは、社会人になってから
明確な武器が欲しい
人を惹きつけるような特技が欲しい
あなたはこれができるね、すごいね
そう思ってもらえたら、自分にきちんと価値があれば
人は集まり、人が集まれば会話のチャンスが増え、
人のことを考える余裕が生まれるかもしない
会話なんてどれも大差なくて
大事なのは、誰がそれを話すかということ
同じ話、同じセリフであっても、
尊敬に値する人がいうのと、そのへんの人が言うのとでは
印象が違ってくる
だとすれば今自分がすべきことは、ただの人じゃなくて、
何か明確な特技、明確な価値を持つ人になるべきなんじゃないか
自分の発想はいつも突飛で、
今もまだ、突拍子のないことを言っているだけなのかもしれない
武器のないまま、人付き合いをただ楽しみ、上手な人だって存在する
けれど自分はそうじゃないのだ。自分には、こういう不器用な方法しか
やり方がない

実際、プログラムと絵を勉強しはじめて、
これまでより少しだけ、人と接することは増えた
誰かがたまたま自分と一緒にいるときに、
すごいね、と言ってもらえるようになった。
関係が続かないのは相変わらずで、
新しい関係を築けないという実質的なところはまるで変化がなく
まだまだ発展の途上ではあるけれど、
かすかな希望は感じられる
今後数年は、この方向で進むと思う
特技を磨き、人を魅了し、なんとか人付き合いの苦手を克服する

仕事で培われる力、 a choice

仕事で培われる力って何?

実行能力。諦めが許されない。なんとしてでも成し遂げねばならない。

そういう状況の中で、あがく、あがく。

そして何とかなる。

 

素人だったときのゲーム作りを振り返ってみよう。

素人だったときは、すぐ諦めた。

難しいよ、わからないよ、とあきらめた。

仕事では、諦めることは基本的に許されていない。

先輩に聞いたりして、何が何でもやり遂げなければならない。

根性もつくし、術も身につく。

そうして、仕事終わり、作りたいものをなんとか作る力が身についている。

 

もう一度まとめよう。

仕事で身につく力は2つ。

・諦めない姿勢

・実装の方法や、実際の技術力、考え方のコツ

 

2つめの実装方法、実際の技術力、考え方のコツは、技術系の仕事をしていれば身につくもの。業務の中で操作しなければならないので、いやでも理解しなければならず、そして知識と技術が伸びる。

 

 

【a choice】

芸術を続けたいと思う人がここに集まっている。

芸術を続けるうえで、壁になるのは2つ。

時間のなさ、金のなさ。

この二つの条件を同時に満たす方法が、海外でプログラマになる、という方法だ。

海外であれば、自分の時間も確保しやすい。

プログラマであれば、海外で働きやすい。

おまけに、芸術とプログラムを組み合わせれば、実用的かつ芸術的で

面白いものを作れると思う!

同意する人たちに朗報がある。

英語は別に難しくない。どんな人でも1年でTOEIC700点は取れるカリキュラム

はすでに用意している。そのカリキュラムは詰込み型じゃなくて、

英語を好きになれるような、楽しい方法だ。

最近はどうかね:プログラムと絵の話

どうだろね。

まず、ITプログラマになった。

現場の仕事は難しい。全然、追いつけない。

追いつけないなりにも、ちょっとずつ慣れてきたのか、読めるコードは増えている。

任せられる。プレッシャーがある。必死になる。一人だったらわからねえと投げ出してしまうところを、1時間や2時間は粘らないといけない。それでわからなければ、質問しないといけない。この質問がやっかいだ。質問するのはしんどい。相手の邪魔になるし、嫌な雰囲気だ。

プログラムは苦労してる。苦労してるけど、伸びてはいる。

うちの会社に建設的な教育プログラムはない。現場に飛び込んで、苦しみながら覚えるスタイル。これには限界というか、もっと、予備校みたいに、手取り足取り教えてほしい。プログラミングの予備校が欲しい。

プログラミングの一番の上達方法は、とにかく書くことだという。ゲームを作りたいという目的があったので、ちまちまとゲームを作っている。あまりうまくはいっていないが、ほかに道がないから仕方ない。ゲームを作れるようになる方法、プログラミングの勉強方法について調べてみても、作ればうまくなるか、わからないことは調べて覚えるだとか、ほんと、道なき道だな。どうやったら、難しい処理を使いこなせるようになるんだろうな。地道にやってきゃうまくなるのか?カリキュラムがなくても?ばかな。

 

絵も通ってる。絵はどうだい?

絵は、デッサンをやってる。これも課題だけ与えられて、絵をかいて、ここがいいとかここがダメとか、もっとああしろ、こうしろと言われながら、絵を描いている。デッサンだ。あまり面白いものじゃない。飽きて、ヤケになって、何を書いているのか、どうしたらいいのか、先生が何を言っているのか、わからなくなる。どうやってもいい感じにならない。ぐるぐると同じところを回ることも多い。

最近わかったことだが、同じところをまわっているときは、計画が足りない。目的がないから同じところをぐるぐるする。何を見せたいのか、どこを描きたいのか。やりなおしはあまりよくない。ここをこんな感じにしたい、このように修正するぞ、を明確に持つといい感じになる。

2時間も3時間も色をぬったり形を取ったりして、もう絵なんて見たくなくなる。そして次の週、ぱっと絵をとると、意外といい感じに描けてたりするんだなこれが。

 

ゲーム作りの話に戻るけど、ゲーム作りはね。進んでるよ。RPGを作りたいっていう目標があって、だいぶ形にはなってきている。クオリティには遠いけどね。画面制御が甘かったり、ソースコードはたぶん汚いし、保守もしにくい作りになっていると思う。関数の使い方がわからないし、どういう考え方をして書いていけばいいのか、それが問題なんだ。

 

プログラムは日本の中じゃ伸びないかもしれないな、と思う。海外へ行けば、どうにかなるんじゃないかな。学校も通えるしね。日本のプログラマはなんか、オタクオタクしてて、馴染めない。

console.log(mind)

2017.06.11 作ったRPGをほめてもらう:作品を通してのみ人とコミュニケーションできる。既知の情報か無関係の情報が多いから、会話に楽しみがないんだ。

2017.06.11 戦略的に生きるアトリエ長、今年は楽しいけど来年からは作業になると発言、だったらメンバーを変えてやることにして、そうしたら宣伝になるねというと、まさにそれをするよ、と返答。宣伝をしたいならカヌーでも自作しようというと、カヌー最近買ったよ、と返答。じゃあそれは売ろう、自分で作ってこそ豊かな感じでしょ、と言って、そやな、ツリーハウスとカヌーは作らなあかんよな、となった。:ああ、面白かったな・・・。会話が面白いのは久しぶりだった。肩の力をぬいて、あるていど謙虚に、相手をたてて話すといい感じに馴染むんだな。

2017.06.11 大学以外にも学ぶべき道はある 大学へ行けば平均的な人間になるだけだ と熱く語る高校生について:まじめはもうじゅうぶん。戦略的、かつ楽しむ人が勝つ。

2017.06.11 バイリンガルニュース、意識がなく知能も低いと思われていた子が、脳波で会話でき、人として見直された話、また、極度の自閉症の女の子が、キータッチを覚えて人と話すようになった話:感動・・・

2017.06.11 フレドの裏切りを知り、キスするマイク、兄を許すふりをして、部下に暗殺の合図を送る、後年、兄を殺したことに苦しむマイク:ジーンと来る。

きれいなものってなに

小説

映画

外国

音楽

芸術

漫画

古本屋

世界史

ジブリ

古典文学

希望のある方へ歩こう

絵画教室へ行けば、みんな笑って時間を過ごしながら、仕事をしている。

芸術系の大学を出た人たちは、毎日工夫しながら過ごしている。

ITの仕事についた僕は、よその会社のどうでもいいお金の管理を任されている。

死んだように仕事をする毎日。退屈だ。

修行だからこなしてやるけど、10年もやる気はない・・・。

技術が身についてしまえば、もっと楽しいところへ移動してやるんだ・・・。

 

ああ、ここのままじゃだめ。

このままじゃだめ。

一緒に住んでるフランス人から、お前は面白くないなと毎日言われる。

このままじゃ、だめ・・・。

 

海外へ行くことは決めていた。

芸術とITと英語を極めれば、楽しい人生が待っているはずなんだ。

俺には姪っ子がいる。その姪っ子に、人生は楽しいと伝えられる大人になりたい。

life can be nice.... depending on effort.....

 

そしてその計画に、今日、具体性が出てきた。

VIZAの取得を目的にするのだ。

VIZAの取得は条件が厳しい。手遅れになれば、遅れを取り戻せることはあまりない。

知ってる人だけが得をする。

 

芸術は素晴らしい。終わりがない。求めること自体が楽しい。

ずっと楽しい!!

仲間もできる。心から話せる仲間が。

ITはすばらしい。思いつきを形にできる。世界共通の技術であることも、魅力だ。

奥深さもある。達人は本当に達人だ。

ゲームは素晴らしい。人を元気づけるから。

漫画も素晴らしい。人を元気づけるから。

そのすべてを合わせれば、それはとんでもなく

素晴らしいものになるに違いないんだ。

今はまだ、cocos2d-xの設定につまづく僕ではあるが。

 

計画は人を惹きつける。

ビジョナリーは素晴らしい。

人生の価値を追いかけて、動き回る人たちだ。

 

この計画を、絵画教室の可愛い女の子にお話ししよう。

あの子が乗ってきてくれれば、俺の人生は楽しくなるな。

 

今日、ゆりあんレトリィバァの英語ネタを見た。

今日、ゆりあんレトリィバァがブルゾンちえみに焦る動画も見た。

人間だな。愛憎すべき人間だな。美しいよ。執着しちゃう。

りあんレトリィバァはナイナイの企画で、海外に移住し、

初デートを楽しんでいた。何かアプリを使って人とコンタクトし、

その人とデートした。

海外の男性は女性に優しい。僕は君と付き合ったのがはじめてだよ、

なんて優しいウソもつく。あくまでも紳士的だ。女の子のほうから

キスを頼んでも、もっと考えてとか、今日はダメとか、大切にしてく

れるようだ。自分のように打算的なところがない。

ああいうのが、好きだ。美しい人間でありたいと思う。

まあ、その資格はないんだけどな。

だから創作にふける。

今後のやること

プログラミングを勉強して、簡単なゲームを作った。

すごいね、と言ってもらって、連絡先を交換しようと言ってもらえた。

絵画教室に通って、絵を描いた。

すごいですね、私は絵は全然だめで、と会話が弾んだ。

 

人付き合いが苦手な自分が人に認められるには、何か特技があればいい。

今の特技は英語と水泳くらいだ。あまり日常に登場しないから、普段活躍してくれない。

 

さて、今後。

何をすれば、人生楽しくなるだろう。

・ゲームを作ろう。

・会社の役に立つものも作ろう。

・絵をたくさん描こう

・ITの勉強を、すこしずつやっていこう。

 

英語も自分のためになった。英会話教室へいったときは、自分を頼ってくれる人ができたし、アルバイトもいい給料で働けた。時間を決めて、毎日すこしずつ、やっていくのだ。これが人生を充実させる。

 

話は少し変わるが、神戸在住という漫画を読んだ。ゆっくりで優しい世界観だ。読んでいるとよく泣いてしまう。描写があまりにきれいだから。こういう人生にあこがれてんだけどなー。