いきづらきもの つじやしきへ

辻隆弘<br/>文章なんてチンタラ読んでくれねえんだから、はやくマンガ描けるようになってくれよな。それもセンゴク一統記みたいな、本格派のかっこいいやつな!

人生の経過

 仕事のキャリアに不安があって、漫画に救いを求めた。

東京タラレバ娘

みんな!エスパーだよ!

タラレバ娘は、人生の詰みを教えてくる。

エスパーだよ!は、漫画はほんとアイデアだなーと。つくづく思う。

 

いつになったら仕事できるようになるの?

グズグズでクズになっちゃったりしない?

入社3日目で不安ばかりすぎ?

でももう24なんだぜ。まだ22だったら気楽だっただろうけど。

26歳で使えないとか、28歳で無能とか。厳しいよな。

25歳で開発経験ないとかばっかり!ほんと!どうすんだ!!

 

あんた海外にも行きたいのによー。

海外に行くためには技術がいるのよー。

なのに技術が身につかないってさー。

不安しかねえ!好循環の兆しだけでも、見せてくれたら元気出るんだけどな。

 

彼女がいないのも、堪えてくる。心の通じる人間がいない。

どんよりと暗い。うんざりしてくる。心が重い。

こんなときは本を読むか、漫画を読むか、映画を見るか、人を誘うか。

ほんとは人を誘いたいけど、誘えるような人がいない。

みんなそう言ってんじゃん。何か作ったらいいんじゃない。

問題は、そういう集め方すると、うわあ、みたいな人ばっかりになることだよ。

 

ああわかったわかった。友達のツテをたどるか?相談仲間を用意してくれえ。それでだいぶ楽だよ。

 

気が気じゃねえ。

e大学まで出てるってのに。

自分のスキルがちゃんと伸びるっていうとこにいくまで、辛抱して死に物狂いで働いたほうがいいんだよ!!マジメ!!

マンガの描き方がわかっちゃった

必要な絵だけを練習するのが、上達の近道

ポイントは、「必要な絵だけ」練習しよう、ということ。

必要な絵をまず、決めてしまおう。

そしてその範囲でだけ、上手になろう。

そうすると、上手な範囲で絵が描ける。

上手な絵ばかりなので、上手な漫画になる。

気分がいいから、漫画を描くようになる。

漫画を描くと、絵は上手になる。

 

「いいポーズ」「いつも使うからだ」

体が下手だと思うときは、「いつも使うからだ」を決めたほうがいいよ。

裸体は一番難しい。ポーズもそう。素人が使うポーズはいつも難しい。

「かっこいいポーズ」と「いつも使うからだ」を決めるだけで、だいぶ絵に雰囲気が出る。「いつも使うからだ」を決めることが、絵を描く工程を増やす。絵の工程が多いと、絵は上手だ。俺の場合の「いつも使うからだ」は、武士衣装にした。武士漫画をよく読むからだ。顔は女の子がいいから、かわいい女の子を使うことにした。なかなかいい絵が描けるので、描くのが楽しい。継承すればいいんだ、世の中は。

 

模写をする理由

模写をするのはなぜかといえば、「感覚を鍛える」ためだよ。

模写で重要なのは、瓜二つになるまで描くこと。自分の絵は、どこが原因で下手なのか、見つけるのが大事。そこに気づけば、不自然な絵にはならなくなる。髪の毛を描くときは頭の形を意識しようとか、顔のパーツは位置が大事だぞーとか。体得していく、コツを。

模写して「上手な絵」を描くことに慣れたら、下手な絵を描いたときに、これじゃいやだなって思うようになる。それが「感覚を鍛える」こと。つまり、「上手な絵に慣れる」ために模写は必要だよ。たくさんのコツが学べる。

何も見ずにウルトラマンを描こう。下手な絵しか出てこない。そこで模写をする。クオリティがずいぶん上がる。次の日に、もう一度ウルトラマンを描こう。ずいぶん上手に描けるようになっている。絵がうまくなっている。この経験を、ひとつひとつ大切にしよう。好きな絵だったら、覚えやすい。ひとつひとつ積み上げて、「得意な絵」を増やしていく。地道な道の先に、絵の達人の段階がありそうだ。

 

オリジナリティ

プログラムはさ、時間がないから、とにかく動くものを持ってきて、機能を実現していくんだよ。マンガも同じ。欲しいこと、要件を明確にして、それを達成するために手段を選んでいけばいい。もっと具体的にいえば、自分のイメージに近い漫画の表現を、そのまま使えばいいんだよ。そのまま使うのは、構図とかポーズとか表情とか。

そのシーンを選ぶこと、自分の伝えたいシチュエーションがオリジナルだから、表現方法自体は著作権フリーだ。自分が好きだと思ったものを、そのまま追求すればいい。そもそも、漫画の表現の仕方にそこまでオリジナリティはない。マンガが上手な人はパクリだオリジナルだなんて考えてなくて、ただ好きなものと一緒になって楽しんでいるだけ。

 

楽しいものを描く。

きれいだと思うものを描く。

自分が表現したいものを表現する。

 

会話をうまく描けないという人がやるべきことは、会話をうまくやっている漫画を見つけて、方法を真似るだけだよ。すごく簡単なことだ。

絵が上手になりたい、てのもまだまだ絞り込みが足りなくて、絵が上手になりたいって言ってる人はたぶん絵が下手のままだ。絵が上手になりたいはいい目標じゃないから、

俺の場合だったら、

 

マンガを描きたい

マンガに必要な絵だけクオリティを高めよう

クオリティの高い絵を真似て、コツをつかむ

クオリティの高いと思う絵だけを使って漫画を描く

きれいな漫画が仕上がる

楽しい

丁寧に描く気になる

内容を練り上げる気になる

よく使う「上手な絵」ができる→絵が上手に見える

マンガをたくさん描く→マンガ表現が上手になる

 

なんだ、それだけのことだったんだ。

あるものを使って、表現の方法はこれまで継承されてきているものに乗っかればいい。

そしてその表現方法を使って何を表現するか、ここにオリジナルが宿るわけだ。

プログラム風にいうなら、フレームワークやライブラリは使えばいいじゃんって話。

 

2017年、会社にとっての自分の収支

今月から、会社にとっての自分の収支を記録しよう。

新入社員なので、今月は利益を出していない。給料の倍をマイナスとして計上しよう。

2017年3月:-50万

 

合計-50万

給料の3倍

会社が私たちを雇うときに支払うお金

社会保険料(折半)

・年金保険料(折半)

・交通費

・事務所家賃

水道光熱費

・福利厚生費

・文具代

これだけで3倍になる?なぜ3倍もいるのか。

 

各種サポート:あなたの仕事に専念できるのは、人々のサポートがあるから。その人たちから受けたサポート分の売り上げを上げる必要がある。

 

具体的計算「月給25万の人の費用」

月額給料25万円 + 社会保険料3万円 + 厚生年金保険料2万3000円 + 諸経費5万円 + 社長と事務員の給料負担12万円 = 47万3000円

この段階で1.8倍程度。

2倍でトントン。3倍で利益か。

だから3倍稼げば利益に貢献してるから、1人前なんだね。

 

彼女のよさを再確認

会社いって、いろいろ大変じゃん?思い通りにはいかないし、注意されるような動きしか取れてないし、無駄が多いし、聞かなきゃ動けないし、ああしろこうしろと誰かの都合で動かなきゃならないしさ。命令する人に振り回されて、自分はないがしろになることもある。そりゃ力のない新入社員だもの、当たり前といえば当たり前だけど。

 

考え方や興味、趣味の合わない人間とご飯へ行って無理やり笑ったり、話が盛り上がらなくて、こいつ何楽しくて生きてんだろ、とか頑張ろうぜって言ってんのに、いやーだるいっすわ、とかいう輩と付き合っててすごく思う。

 

彼女の考え方が好きだったんだなって!

自分よりすごい、と思える性格の人ってなかなかいない。

彼女の几帳面さや真面目さは尊敬に値する。

今思えば、彼女の言い分もわかるようになってきたし、

自分の発言がどれだけ幼稚だったか、相手に理解されていなかったかも見えてきた。

 

もう。まるで自分の考えを明かさないまま、別れるという結論だけを下してしまったものだよ。もっとスムーズに考えを伝えられたはずだ。意志共有が鬼ほど下手だったらしい。

 

俺は別れてからもずっと彼女のことが好きだったよ!

でもやることあるから付き合えないよ!

だったら気持ちは伝えるべきじゃないんだろうな!

でも伝えたらどうなるのか、興味ない!?

俺だけの本音でしゃべっていいなら、月に1度だけ会いたいんだよ!

そのほかの日も会いたい気持ちはあるけど、勉強があるから会えないよ!

 

彼女も同じ気持ちだったらドラマチックだけど、きもいって思われておしまいかな。だとしたら夢のない世の中だよな。男は別れた後もずっと彼女が好きだけど、女は別れたら記憶から消去して、もう何でもなくなるんだってね。そりゃねえよな。

 

 

仕事一本で行ってもいいんだけど、若いのって今だけじゃん?

そんなにきれいな見た目の俺でもないけど、俺の人生においては今が一番きれいなわけで、それは俺が付き合う女の子も同じ。みんな今が一番きれいなんだ。

その贅沢な時期に、女の子と付き合わないなんていう選択肢があるの?

一日仕事してさ、駅に乗って家に帰るとき、色白の女の子がどれだけ美人に見えるか知ってるか?たいしたことない女でもまるで女神のように見えるんだぜ。女っ気ないって怖えな。

会社近況ドラマチックシーン

実力不足

三年で海外支社に行きたいんやが、技術力なさすぎて現場にさえ潜れない。

面接も苦手で、言語経験も制作実績がない。

会社に寝袋を持ち込んで、仕事終わりに開発系の勉強に打ち込む、くらいの気力がいる。そしてそういう気持ちを社内で知らせていく。ちゃんと仕事の成果が出てれば、思い通りになっていく。少しずつね。あとはやるか、やらないか。

 

平均値と妬み

社員さんが言うには、やる気あって真面目なのはいいけど、みんなマイペースでやってる中で、自分ひとり悪目立ちすると、やっかみを受けることもある。分相応という言葉もあるが、あまり偉そうな発言をすると、何様だよ、となる。

またある社員さんがいうには、これまでの仕事の土台を作ってくれた社員さんに感謝の気持ちを持って、謙虚にやっていくという姿勢がないと、ワガママは通らない。

 

期待値

同期の中で、俺の評価は高い。やる気ある、成長早い、強い、頭いい。

実際同期の中では成長しているほうだと思うけど、現場にすら行けていないのが現状。

社員さんで技術力のある人の一人が、俺に期待をかけてくれている。新人の中ではめちゃめちゃ期待してるって!電話もくれてさ。

 

業務のできなさ

会社の中で、できることが何もない。どんな作業でもどうすればいいか、聞かなきゃならない。それがストレスだ。情けないよ、大学まで出てまるで何もできないなんて。

 

最悪のシナリオ

俺はもう24なのに、3年もテストやらされてもみろ。

27で無能な技術者になっちゃうよ。それだけは避けたい。

 

営業か技術か

営業のことは営業でやるから、技術は技術のことをやってくれればいいから。あれもこれもやるなら、あんたが全部やれば、となる。

と言われたが、社長は技術と営業の垣根はなくすべきと言っている。

とかじゃなくて、営業の仕事は営業でやるから、素人のあんたは余計な気を回さず、技術に集中しろよって話だな。

営業さんには、毎度、調子に乗りすぎるなよ、とクギを刺されるところがある。

 

マイナス要因出来事

業務がこなせない、メールの内容が不明瞭、メールの内容が偉そうで意味が分からない、現場に行けない、実力不足、ダメ技術者になりたくねえ、この会社に教育力はあまりねえ。

 

プラス要因

技術者さんで立場もある人が、俺に期待をかけていること。めちゃくちゃ期待してんだぜ。

頑張るやつが少ない会社であること。その中でちょっと頑張ればすぐに頭何個分も抜けられる。

居残り同盟を作って、自主的に勉強をする。話は簡単で、技術さえ身につけば何もかもうまく行くんだ。1年で3年分働けばいいだけの話だ。

社内の人たちは保守派が多いけど、入社者には進歩派が多いぜ。入社者と仲良くやっていけば、いずれ俺たちの時代が来るさ。気長にいけえ。

覚えておくべき人々

youtuberという存在

ぷろたん、月収300万

19才から仕事をはじめて、23才で年収1億稼ぐ男がいること

ださい男がお金持ちだとわかると、人気者になるのかどうか

(最初は名前も覚えていない、あれはねーわ、みたいな言われ方をした男が、金持ちだとわかったとたん意外といいとか可愛いとか言われる。男は中身だな。)

紳助という生き方

アレクサンドロスという生き方

神山彩、そのほかイラストレータとかいう夢の職業で生きる人間がいること