読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきづらきもの つじやしきへ

辻隆弘<br/>文章なんてチンタラ読んでくれねえんだから、はやくマンガ描けるようになってくれよな。それもセンゴク一統記みたいな、本格派のかっこいいやつな!

今私を支える真実、状況

焦り

まるで進んでいない気がする。

私は遊びも話も得意じゃないから、世界との接点があまりないんだ。

だから私にとって、何かで一旗あげるというのはマストなんだ。

それがなければ、私は何ともつながることができない。

 

焦り、遊べない

社員さんはスキーへ行って気分転換したというけど、それが何だというんだ。あんたの悪状況は少しも根本解決されていない。私は根本から解決がしたい。接点がないんだ。それがどうにも辛いんだ。

 

希望

NT(New Technology)の完成まではみんなすごく苦労した。そのうえNT自体が直接商業的成功を収めたわけじゃない。けれどNTの開発は無駄ではなかった。開発経験のうえに、様々なソフトウェアが構築され、それらが商業的成功につながったから。

 

毎日1つのレンガを積む

リファクタリングという考え方をすればいい。毎日すこしずつやっていくんだ。成果を出す人とそうでない人の違いはひとつだけで、毎日進んでいるのか、進んでいないのか。日々進んでいれば、いずれ行きたいところへ行ける。レンガを毎日1つずつ積めば、いずれ家は建つと考えるんだ。

 

達人は3年

絵で食べてる人はすごいと思うけど、ある程度まで行けば成長してない。ずっと同じことをしてる。成長率はすごく低い。何年かやって、ある程度まで行けば、それでいいんだ。追い付くのは簡単だよ。ただ3年費やせばいい。

もしかしたら10年かもしれないけど、そんなことはどうでもいい。言いたいのは、遠いように見えて、やってみたら近いんだから、やりなよってことだ。

ITもすぐに出来るようになるし、英語もほかの外国語も3年やれば形になるよ。3年説。