いきづらきもの つじやしきへ

辻隆弘<br/>文章なんてチンタラ読んでくれねえんだから、はやくマンガ描けるようになってくれよな。それもセンゴク一統記みたいな、本格派のかっこいいやつな!

会社近況ドラマチックシーン

実力不足

三年で海外支社に行きたいんやが、技術力なさすぎて現場にさえ潜れない。

面接も苦手で、言語経験も制作実績がない。

会社に寝袋を持ち込んで、仕事終わりに開発系の勉強に打ち込む、くらいの気力がいる。そしてそういう気持ちを社内で知らせていく。ちゃんと仕事の成果が出てれば、思い通りになっていく。少しずつね。あとはやるか、やらないか。

 

平均値と妬み

社員さんが言うには、やる気あって真面目なのはいいけど、みんなマイペースでやってる中で、自分ひとり悪目立ちすると、やっかみを受けることもある。分相応という言葉もあるが、あまり偉そうな発言をすると、何様だよ、となる。

またある社員さんがいうには、これまでの仕事の土台を作ってくれた社員さんに感謝の気持ちを持って、謙虚にやっていくという姿勢がないと、ワガママは通らない。

 

期待値

同期の中で、俺の評価は高い。やる気ある、成長早い、強い、頭いい。

実際同期の中では成長しているほうだと思うけど、現場にすら行けていないのが現状。

社員さんで技術力のある人の一人が、俺に期待をかけてくれている。新人の中ではめちゃめちゃ期待してるって!電話もくれてさ。

 

業務のできなさ

会社の中で、できることが何もない。どんな作業でもどうすればいいか、聞かなきゃならない。それがストレスだ。情けないよ、大学まで出てまるで何もできないなんて。

 

最悪のシナリオ

俺はもう24なのに、3年もテストやらされてもみろ。

27で無能な技術者になっちゃうよ。それだけは避けたい。

 

営業か技術か

営業のことは営業でやるから、技術は技術のことをやってくれればいいから。あれもこれもやるなら、あんたが全部やれば、となる。

と言われたが、社長は技術と営業の垣根はなくすべきと言っている。

とかじゃなくて、営業の仕事は営業でやるから、素人のあんたは余計な気を回さず、技術に集中しろよって話だな。

営業さんには、毎度、調子に乗りすぎるなよ、とクギを刺されるところがある。

 

マイナス要因出来事

業務がこなせない、メールの内容が不明瞭、メールの内容が偉そうで意味が分からない、現場に行けない、実力不足、ダメ技術者になりたくねえ、この会社に教育力はあまりねえ。

 

プラス要因

技術者さんで立場もある人が、俺に期待をかけていること。めちゃくちゃ期待してんだぜ。

頑張るやつが少ない会社であること。その中でちょっと頑張ればすぐに頭何個分も抜けられる。

居残り同盟を作って、自主的に勉強をする。話は簡単で、技術さえ身につけば何もかもうまく行くんだ。1年で3年分働けばいいだけの話だ。

社内の人たちは保守派が多いけど、入社者には進歩派が多いぜ。入社者と仲良くやっていけば、いずれ俺たちの時代が来るさ。気長にいけえ。